「未分類」カテゴリーアーカイブ

お客さんが離れるタイミング

今まで行ってたお店を変えるときって

どんな時でしょう。

ちょっと考えてみました。
●価格
小さな町にあった日用品屋さんがつぶれて、百均やホームセンターが出来ていったことは記憶に新しいですよね。大量仕入れならではの低価格は強いものです。
とはいえ、その中でも競争があり[主婦の店 ダイエー]がつぶれるなど、時代はPB商品でのより低価格かつ、高利益に商品が変遷していった歴史があると思います。
地域の大工さんがたてていた家もハウスメーカーの家に変わっていったり、も、同様ですね。

●品揃え
先ほどのホームセンターはいい例ですが、コンビニも省スペースにおける品揃えにおいてはトップを走っています。
品揃え>価格のよい例です。
少なくとも、専門店化してない商売は相当淘汰されていっていますね。リカーショップができ、専門店化しているお酒販売店は
生き残れましたが、そうでないと新陳代謝していってます。
本屋さん、cdショップはamazonの台頭で、軒並み潰れています。
商店街は小売りのお店が軒を連ねるのが一般的でしたが、今風の靴の専門店、大型ドラッグストア、大型電気店、大型家具店などに取って代わられました。
●品質
ユニクロの品質には私もお世話になっています。気づけば値上げしていて、ここでも、
品質>価格
に気づきます。

身近な小売りに集中してましたが、日本の製造業においても、スマホでは、世界シェア五位以下に落ちるなど、グローバルな品質においては苦戦しています。

ちょっと長くなってきたので、次回に続きます。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

イルミネーションの集客力

ここ数年、イルミネーションが流行っていますよね。
日本でのイルミネーションの始まりは、1904年銀座の明治屋で毎夜イルミネーションを灯したことからと言われています。
現在は、テーマパークや遊園地・公園を利用して、大々的なものから小規模なもの、地域や日本一を競ったりとしています。
幻想的で、美しく、自然と心が安らぐ光、普段見慣れた場所でも、夜になり、ライトアップされるとまるで別世界のように感じることも、イルミネーションは、感動と癒やしの効果バツグンですね。
代表的な物には、神戸の「ルミナリエ」九州の「ハウステンボス」千葉の「東京ドイツ村」栃木の「あしかがフラワーパーク」静岡の「時之栖冬のイルミネーション」三重の「なばなの里ウィンターイルミネーション」東京「よみうりランドジュエルミネーション」神奈川の「さがみ湖イルミネーション」などなどがあります。小さいものまで入れたら数えきれないほどです。
これも、LEDが普及した事によるものが大きと思いますが、それぞれに場所を活かし、テーマを決め、他の所と格差を図り、毎年新しい企画をしたりと工夫をこらしています。イルミネーションをデザイン装飾するという仕事もできました。
それぞれに特徴がありますから、全国のイルミネーション巡りをしようという人も少なく無いと思います。
それにより、夜は利用されることのなかったテーマパークや遊園地・公園に人が集まる様になり、寒い冬、温かい飲み物や食べ物も売れますし、おみやげを買う人も多くいます。
場所によっては、開催期間を伸ばしたり、一年中やっている所もあり、集客力の効果は絶大で、イルミネーションはビジネスにおいても様々な効果が発揮されていますね。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

お祭りになぜ人が集まるのか その③

a0055_000942_m その③
屋台好きな人
祭りの屋台と言えば、「たこ焼き」「お好み焼き」「焼きそば」は欠かせませんが、その他のものは、時代とともに変わり地域によっても違ってきていますね。
この頃人気なのが、「ベビーカステラ」「牛串」「唐揚げ」「シャカシャカポテト」などでしょうか。
また、コーナーを作り、地域の商店街の人達が、地域の特産品を使った物や、B級グルメなどを販売し、祭りを利用した町興しをしたりしています。
それを、家族や友達・恋人と共にいただき、町並みを見て歩くのも楽しく至福の時ですね。
もちろん、参加するのも、見るのも、食べるのも、だーい好きと言う人もいます。
現在、祭りなどに便乗して、各地で色々なイベントが企画されていますが、今は、物の消費ではなく、体験型の消費活動へ移っている時代です。
自社内のサービスについても、そのような物へと変容できるものがないか、検討してみてはいかがでしょうか。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

お祭りになぜ人が集まるのか その②

前回は、山車や太鼓の話で終わってしまいましたが、それに加えて、地域の伝統的な祭りを継承するという参加する人達との仲間感(遠方にいる地域の出身者も祭りには帰郷する人が多い)、太鼓や踊り、そして曳き手の意気がピッタリ合い、見学の人たちから大きな拍手や声援を受けた時は、大きな一体感と充実感が得られることです。
祭りを見るのが好きな人は
参加するのが好きな人と同じように、全国各地・地域ごとに違う山車を見比べたり、一糸乱れぬ太鼓の打ち手に魅了されたり、ひとつひとつ違う顔の「獅子」を見たり、「獅子舞」の力強さや「ひょっとこ」「おかめ」「きつね」などの優雅さを保ちつつ、滑稽さもある舞に惹き込まれたりと、日常から離れ普段味わえないワクワクや元気をもらえることに、最大の魅力を感じ見に行くのではないでしょうか。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

お祭りに なぜ人が集まるのか? その①

皆さん、お祭りは好きですか?
お祭りが嫌いな人は、少ないのではないでしょうか。
太古の昔から、五穀豊穣や地域の交流を目的に実施されてきました。
山車・獅子・太鼓の音・踊り・一体感・屋台などそれぞれが魅力です。
お祭りに、人が集まる理由は、3つあると思います。

参加するのが好きな人は
山車や太鼓の音が好きと言う人が多い。
日本の祭りは、都道府県の文化財に指定されているものなどは5000件以上、山車や屋台などの出る祭りだけでも1300件以上もあるそうです。
山車の種類も、枠(鉾)の最上部に人形が載った「人形山車」 全体が屋根で覆われ、踊りやお囃子などの演奏を目的に行う「舞台屋台」 最上層に装飾的な屋根が付いた「屋根山車」 屋根は、唐破風屋根や切妻屋根・入母屋屋根、巡行時や格納時の高さを抑えるために、屋根を上下できるもの、また、からくり人形が演じたりするものがある。最上部に人形がなく、屋台全体を覆うような大きな傘や造花を飾った「笠鉾・花笠」 外部に太鼓が載り、太鼓を運ぶのが目的の「太鼓山車」 数は少ないがおもに海沿いの町の祭りに多い「船形山車」
その他にも、いろいろな山車や屋台があります。県内で変わっているのは、日立さくらまつりの「風流物」 廻り舞台になっていて、風流物が町を引き回されることはなく、15体近い人形のからくりが上演される。また、石岡のお祭りの「ささら山車」 3人のささら舞(獅子舞)の舞手を乗せて神幸祭で巡行し、指定の場所でささら舞が行われる。
太鼓の種類も色々ありますね。お祭りに使われるのは、おもに和太鼓ですが、お祭り用と演奏用では締太鼓の種類が違うそうです。 太鼓と言って、まず思い浮かぶのが「長胴太鼓」 お寺などでは「宮太鼓」と言われているそうです。
長胴太鼓に対して、胴の短い「平胴太鼓」 胴が短い分、音の余韻が短い。長胴太鼓と共に良く使われるのが「締め太鼓」 それにも2種類あるそうです。和太鼓演奏者が使う締太鼓と民謡・雅楽などで使われる、胴が漆で黒く塗られ、金粉やおめでたい柄の蒔絵を施したものです。
そして、東北地方 青森のねぶた祭などで使われる「桶胴太鼓」などがあります。
山車に魅力を感じるところは人それぞれですが、山車に施された彫刻も見逃せないですね。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

人を育てる上で大切なこと

この4月から、新社会人になる方々は、ワクワク・ドキドキしている時期ではないでしょうか?
企業側でも、それぞれの新人をどう扱い育てていくか、思案の時ですね。
私も、新人の頃、仕事のことは何もわからず、言われたことを一生懸命マスターしようと頑張っていました。
しかし、同じ部署の同期の職員と仕事を進める中で、要領のいい人と悪い人があり、要領のいい人はやりたくない仕事は知らないふりをして、他の仕事を進めていました。
でも、その仕事は毎日やる仕事でしたから、誰かはやらなければならなかったので、「よし!それなら私がやってやる」と思い、黙って毎日進めていました。
そして、それが私の当たり前の仕事の様になり、誰も気にする人もなくなって、だんだん心が沈んでいきました。
二ヶ月が過ぎたある日、上司が「○○さん いつもやってくれて、ありがとう!」と言ってくれたのです。
「黙っていても、見てくれていたんだ。仕事に優劣をつけずに頑張て来てよかった。これからも、与えられた仕事、目の前の仕事に全力を向けよう」たった一言でしたが、心が救われ、仕事に対する意欲がわき、気持ちを新たにした事を思い出しました。
これは、上司が新人に対し、目配り・心配りをしていたからこそ、言えた一言だったと思います。
人間は、一人ひとり性格が違いますね。その人の個性を知り理解し良く見て、声をかけてあげることが、人を育てていく上で大切なことですよね。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

集客方法としての「笠間市プラチナパスポート」

新年に入ってから、暖かい日と寒い日が繰り返されていますが、体調など崩していませんか? とはいえ、梅の花もほころび始め、春は一歩一歩近づいていますね。
ところで、先日笠間市商工会発行で「笠間市プラチナパスポート」なるものが発売されたのをご存知ですか?
これを持っていれば、パスポートに記載されている、笠間市内のグルメ・スイーツ・特産品などを全て「540円」で利用する事ができるのです。
パスポートは900円で購入し、一人1冊、利用期間と商品は限定されるのですが、通常価格より200円~500円お得なのです。
始めに900円払っていますので、最低4箇所くらい利用しないと元は取れませんが、飲食するだけでなく特産品も買えるので、けっこう利用できてしまいます。
このパスポートにより、知ら無かった店やスィーツ・特産品を発見し楽しくなりました。
私は、家族や友達と利用していますが、コミニュケーションにも役立っていますし、「今度はどこにしよう」とワクワクしています。
これがなければ、行かなかったであろう店や他の商品も覚えていただき、それで美味しければ、今後パスポートがなくとも「また行ってみよう」となります。
お店のPRの方法を考えた場合、チラシやポスティングは印刷費や新聞折り込み料・人件費がかかります。入っていても、それを見てくれるとは限りません。また、広報紙などに載せるのも月一回ですから、余程興味を惹かなければ、わざわざ出かけて行かないでしょう。それから、フェイスブック・ブログ・ホームページ等も限られた人しか見ないかもしれない。
そう考えると、今回の「笠間市プラチナパスポート」は発行部数・期間限定により、あっと言う間に売り切れ、買った人は期間内により多く利用しようとします。
費用対効果を考えた場合、新規顧客の獲得と売上増は、間違いなく効果ありかと思います。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

シニア割引はいい!!

この頃気づいたんです。

映画館や美術館、植物園、遊園地 などなど 色々な所でシニア割引があります。

シニアの方たちは、おおむね時間とお金を持っています。

もちろんプライドもありますが、そういった物を利用して、日常を楽しもうと考える人も多いのです。

顧客の購買意欲を促進させるために、それを使わない手はないかと思います。

例えば、「いばらきシニアカード」を使って、割引できるサービスを、会社で作ってみるのはどうでしょうか?

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

マイナンバーまとめ

マイナンバーでの対策は、小規模事業者の場合は何もしないが最良

■マイナンバー 朗報!事業者も要らない・各省庁がお墨付き 最善の対策は何もしないこと: 街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋

http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2015/11/post-3c63.html

対策するぞとなった場合の簡易のリスト

■税理士が語るマイナンバーのセキュリティ対策に必要な6つのこと(freeeの宣伝)

http://keiei.freee.co.jp/2015/06/19/mynumber-security/

公式

■特定個人情報保護委員会 公式ガイドライン(内閣府外局の第三者機関)

http://www.ppc.go.jp/legal/policy/

■マイナンバー社会保障・税番号制度

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。


 

商工会・会議所の補助金を上手く使う方法

現在、販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。

詳しくはこちら。

http://h26.jizokukahojokin.info/

75万で購入しても、50万返ってくるので、実質25万で購入できるのですね。

これを利用して私の方でもいくつかのお客様のホームページを制作させていただいています。

うちでは、他のホームページ会社と違い、

月々の維持費用で回収する料金形態ではなく、

一括でお支払いいただき、

維持費は年間数千円(実費)

という料金体系でやっています。

そのため、補助事業にぴったり使いやすいのですね。

来年度も(平成28年度)

概算要求として挙げらているため、

多分通ると思われます。

小規模事業対策推進事業

【110.0億円(拡充)】
・経営発達支援計画の認定を受けた、商工会・商工会議所が行う、伴走型の小規模事業者支援をより強力に推進する。
・小規模事業者が商工会・商工会議所と一体となって取り組む販路開拓支援(持続化補助金)等を実施

する

http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2016/pdf/03_1.pdf

その際にはご相談のほど、よろしくお願いします。

下記に登録すると、このブログで新しい記事が投稿されるたびに、その内容がメールで届きます。

ぜひ登録してみてください。