POSシステム

20140430_POSPOSシステムを安価に利用できます!

POSというのは、お店で会計するときのレジですね。

簡易なレジの場合、レシートが出てきて、その日の売上合計ぐらいは紙で出してくれるかもしれません。

POSというのは、ものがいつ売れたのか、一度にどれだけ売れたのか、というのをパソコンで管理できるような、レジです。

それを、当社では50~70万程度で提供しております。

1店舗~数店舗向けで、小規模であれば大手メーカーの東芝TECさんなどのレジと引けをとりません。

クレジットカードでの分割払いも対応できます。

安さの理由

パソコン+周辺機器+ソフトが既にあり、安価に揃えられるからですね。

大手メーカーさんだと、システム開発から行っており、機械自体もオリジナルで色々開発しているので、研究開発費や、

営業、サポートなどで多大な優秀な人材を配置しているので、コストも増加しがちで、

それが価格におりこまれています。

弊社では、当初開発を行おうと思ってましたが、それでは大手メーカーさん2番煎じになるため、

また、ユーザーも同程度のサービスを受けられればよいため、

色々考えた結果、このような形になりました。

弊社ならではのサービス

結局、事務機器屋さんはレジを売っておしまいです。

どう数字を見て行ったら良いかは、経営者に委ねられます。

なので、弊社では、お客様と一緒に勉強して、

コンサルタントまで行ければと思って、

サービスを提供していこうと考えています。

 

 例。某飲食店さんとのPOSデータの有効活用の勉強により、下記のようなものを作りました。

・ABC分析表(日単位、週単位、4半期単位)

・販売個数推移表(発注の予実差を減らすため)

・時間単位の労働生産性表

その際に下記の書籍を読みあさったりしてました。

・流通業のための数字に強くなる本 渥美俊一著

・部門別管理 渥美俊一著

・お店の数字に強くなる本 河野英俊著

・売り場のデータ超活用法 白部和孝著